株式会社アクアジャパン東京
English page | Map


【施設再建をお考えの企業】



 既存施設の見直し

現状の施設運営で思ったほど集客が見込めない、施設状況の管理に対してさらに向上すべき改善点を
見出したい等のご相談・ご要望にお応えいたします。当社の専門スタッフが、改善のためのプロジェクト
として、事実に基づく仮説立案、検証を行い、中立的な立場から現状打破の最善策を導き出します。


@ 商圏調査・収支状況検索

独自の調査データを基に、競合店の分析・人口分布からの分析・適正価格等、当社が割り出す集客人数と
収支ベースを調査し、新しい視点より問題点を探し出し、解決をはかります。


A サービス状況の問題点

既存施設運営状況を1週間程度観察し、サービスの内容の状況や広告の頻度や分布地域、テナント等の
歩率の交渉の見直し、飲食関係の状況などトータル的に調査致します。その上で、必要であれば当社運営
施設での研修を行うようになります。


B 建築的な見直し

設備の老朽化や新規設備導入、建築的な問題点や改善点を統合的に判断して、追加予算を投与しての回収
予定を収支ベースで提案させていただきます。

 調査の実施

段階的な評価を踏まえ、施設の要望に応じて調査を行います。トータル期間としては3ヶ月程度になります。
改装が大きい場合は、半年以上の場合もございます。

 フォローアップ

  調査実施に対し半年・1年のフォローアップを実施し、業務遂行の実施状況を的確に捉えアドバイス
  いたします。  

 ケーススタディ


  「関西地区 温浴施設 再建」

  ■施策効果  月々200万円以上の赤字施設を150万以上の黒字経営に改善。
 
  ■施策期間  約3ヶ月
 
  ■投資資金  若干の改装費。増改築は行わず、投資面は比較的に少ない。  
   
 
  ■施策内容 ・ 水道、ガス、電気の消費量を押さえ、徹底的な光熱費の削減。
   ・ 効果的な広告による集客力のアップを実践。
   ・ 外注委託会社によるリネン費を削減。
   ・ 業務改善によってテナント利用率の向上。
   ・ メニュー構成やシステムの改善により、飲食利用率の向上と原価率の削減。
   ・ 社内経費の無駄を削減。
   ・ 従業員のスキル向上のため、当社提携施設での再教育。等々。


    事業再建に関するご相談・ご依頼は、こちらお問合せホーム

     または、お電話03-5281-0288まで


  
AQUA JAPAN TOKYO INC. ALL RIGHT RESERVED.